クレジットカードでキャッシングできないときの原因

キャッシング機能が付いているクレジットカードを持っていると、財布にお金が無くても買い物が出来るだけでなく、お金が必要になった時にコンビニATMなどですぐにキャッシング出来るというメリットがあります。しかし、クレジットカードでキャッシング出来ずに困ることがあり、キャッシングできない原因として考えられるものには次のような点が挙げられます。
多いのが暗証番号間違いです。何度も間違えて入力してしまうと、キャッシングできないだけでなくロックがかかってしまい、解除に面倒な手間がかかることがあるので注意が必要です。ただし、忘れるといけないからと言って、他人に簡単に推測されるような誕生日や住所などを暗証番号に設定するのは危険です。暗所番号を書いた紙を一緒に持ち歩くのも避けた方が良いでしょう。
入力する際は金額に間違いが無いかも確認する必要があり、限度額を超えた金額を入力してもキャッシングできないので、借り入れ残高や限度額を確認した上で利用すると良いでしょう
また、返済を延滞した場合もきちんと返済が確認出来るまでキャッシングできないことがあります。延滞が続くと強制的に解約させられることもありますが、延滞をすることなくこまめにキャッシングを利用していると、キャッシング会社の方から限度額アップの連絡が来ることがあります。
コンビニATMでキャッシングできない時は、慌てずに以上のような点に心当たりが無いかを確認し、どうしても原因がわからない場合はサポートデスクに問い合わせをしてみることをおすすめします。